袱紗(ふくさ)に名入れ・名前を入れる記念品の制作

名入りの袱紗、制作も京都の老舗が対応しております。

 

単色シルクスクリーン加工(一部製品を除く)

オリジナル記念品製作を承ります。
名入れ袱紗は、お祝い返しや記念品、結婚式の引き出物にも大変喜ばれております。
小ロット(10枚)~ 大量注文まで、お気軽にお問い合わせください。

 

 

     納期  注文確定より18日~28日後
 混雑時期:年末~春までは通常より大幅に納期が遅れます
    印刷料金 【3字以内】1枚につき +330円                 
【4文字以上】型代(15,000円~)+1枚につき 165円   
 ※生地、文字数などにより価格は変動します。詳しくはお問い合わせください。
 最低ロット  10枚~

                              ※価格は税込

備考  1色プリント のみ、細い線や小さく細かい表現はプリントが潰れる為不可

 

 

 名入れのお見積り・問い合わせ

①お名前

②ご連絡先(メールアドレス)

③・ご希望の袱紗(商品一覧)

 ・数量

 ・ご希望納期

 ・文字入れ内容

 

➡ 福正堂 名入れ窓口

 


名入れの例


①学校の記念品・卒業記念品に


②社寺の竣工記念品・落慶記念品に


③成人式の記念品に


④企業の周年記念に

⑤海外へのお土産に

 

 

ご不明な点はお問い合わせください。

福正堂

 

← 前回の記事

ブログ

RSS

仏壇やお墓のろうそく消火マナーとは?正しい消し方とおすすめアイテムを紹介

町野直人

仏壇やお墓にお線香をあげる際、ライターやマッチで直接火をつけず、ろうそくの火から線香に火をつけることがマナーとされていため、ろうそくは必須アイテムです。 ただし、ろうそくの火をそのままにしていると火災の原因になってしまうことがあるため、必ず消火して仏壇やお墓から離れるようにしましょう。 その際、ろうそくの消し方にはマナーがあるため注意が必要です。 そこで今回は、ろうそくの消し方マナーと消火時のおすすめアイテム「ろうそく消し」をご紹介いたします。     仏壇やお墓のろうそくは口で吹き消してはいけない 線香をあげるためにつけたろうそくの火は、口で吹き消してはいけません。ちなみに、線香についた火も口で吹き消すのはNGです。 誕生日のろうそくをイメージして、つい口でフッと消したくなってしまいますが、仏壇やお墓のろうそくを口で吹き消すことは、仏様に対して失礼な行為とされています。 なぜ口で吹き消してはいけないのか、理由をご説明します。   口は不浄なもの 口は動物を食べたり嘘をついたりすることから、「不浄」や「穢れたもの」とされています。その不浄である口から出る息を仏様へ吹きかける行為は失礼にあたるため、ろうそくは口で吹き消してはいけません。   ろうそくの火は重要なもの 仏教において、ろうそくにつけた火は「灯明」と呼ばれ、闇を照らす重要なものとされています。仏様と現世の人をつなぐ灯火となったり、御仏の智慧と慈悲を表したりするものです。そのような大事な灯りに口で息を吹きかけることは無作法です。   線香の転倒やロウが散る可能性も ろうそくの火を口で吹き消すと、近くにある線香が倒れてしまったり線香の香炉灰や溶けたロウが飛び散ったりしてしまう可能性があります。火事の原因になりかねません。     ろうそくの消し方 口で吹き消せないろうそくの火はどのように消したらいいでしょうか?その方法をいくつかご紹介します。   手であおいで消す...

記事を見る

人気仏具LEDろうそく、LED線香とは?メリットと選び方を解説

町野直人

人気仏具LEDろうそく、LED線香とは?メリットと選び方を解説ろうそくと線香は仏壇に欠かせないものです。しかし、火を使うため火事の心配や小さな子供や高齢者による事故が起きないか不安に思う方も少なくないでしょう。そこで、近年では「LEDろうそく」や「LED線香」が人気となっています。本物のろうそくや線香の雰囲気を感じられるため、仏壇に置いても違和感なく活用できることが特徴です。今回は、ろうそくと線香が仏壇に必要な理由と、LEDろうそくやLED線香を使用するメリットと選び方をご紹介します。 仏壇にろうそくと線香が必要な理由とは? そもそも、なぜ仏壇にろうそくと線香が必要なのでしょうか?まずはその理由について解説します。   仏壇にロウソクが必要な理由 線香に直接ライターやマッチで火をつけることはNGのため、線香に火をつける道具として必要なことと、ろうそくの灯りはこの世とあの世をつなぐ道標となると考えられているからです。また、ろうそくの灯りは不浄なものやけがれを祓い、清めてくれると言われています。   仏壇に線香が必要な理由 四十九日の間は「故人が食べ物に困らないように」といった理由から線香の火を絶やさないようにします。四十九日の後は、線香をあげることで仏様になった故人と心を通い合わせることができると考えられています。   LEDろうそく・LED線香とは?メリットを紹介 LEDろうそく・LED線香とは、LEDの光によって火を使わず本物のろうそくや線香のような演出をするものです。「電気ろうそく」「電気線香」と呼ばれることもあります。   LEDろうそく・LED線香は火災の心配なし 火がついたろうそくや線香は、予期しないことから火災に発展する可能性があります。その点、LEDろうそく・LED線香であれば、火を使用しないため火事の原因になりません。   線香を長時間灯す場合も安全 線香は、基本的にすべて燃えるまで使用します。外出する場合は「見ていない間に何かの拍子で燃え移ってしまったら」と心配になることもあるでしょう。LED線香であれば、そういった懸念も不要です。   LEDろうそくはライターやマッチ不要 ろうそくに火をつける必要がないため、ライターやマッチが必要ないことがメリットです。小さな子供がライターやマッチで遊んだり口に入れてしまったりする心配がありません。   LEDろうそく・LED線香の選び方 近年人気の仏具であるLEDろうそくやLED線香には色々な種類があります。選び方をご紹介します。  ...

記事を見る